忍者ブログ

ちっちっchi

「黒子のバスケ」二次小説です。 管理人の妄想の限り小説を書こうと思います。 ※ホモネタ18禁ネタ多くありますのでご注意ください。また、原作とは一切関係ありません。

2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「腹減った」
火神はそう言いながらいつものハンバーガーショップに入っていった。
 

拍手[2回]


「よくそんなに食べますね」
「黒子?いつの間に・・・」
火神がハンバーガーを山ほど買って席に座るといつの間にか黒子が正面の席に座っていた。
両手でジュースのカップを持って飲んでいる。
そう言えばこついあれだけ動き回っているくせに、小食だよな。
「今日のあれやめてもらえませんか」
火神が黒子の顔を見ると黒子はストローを啜った。
「あれ?もうなくなったのかな?」
カップのふたを開けて中身を覗き込んだ。
「あれってなんだ?」
「僕のところに来た敵の前に立つ癖ですよ。まさか気づいてなかったんですか?はっきりいわせてもらうとすごくウザイです。」
「ウザい・・・って、めっ」
火神はそうは言ってみたが、自分ではあまり自覚がなかった。
どうやら無意識に前に出てしまうらしい。
なんだってそんなことしてるんだ俺は・・・黒子に言われないと気づかなかったなんて
「あ、無意識だったんですか?ま、いいや」
とまどっている火神の目の前に黒子が顔を近づける。
「おいっ」
いきなり近づくのは黒子の特技だがどうも慣れない。
そう言えばあの黄瀬とかいう奴がこいつに会いに来てから、少しこいつが気になる。
これは一体・・・
「当ててみましょうか?うちに来ませんか?」
「黒子んち?」
「はい、僕は一人ですよ」
ちょっと意外で火神はびっくりした。

 
<つづく>



拍手をありがとうございます!!(*^_^*)
PR

カウンター

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

黒子のバスケRANK
ダウンロードで完売の本が読めます↓BL同人、BLゲーム、乙女ゲームのダウンロードショップ - Girl's Maniax

リンクバナー
chiz3.png


ご協力ください!

バーコード

プロフィール

HN:
るん
性別:
非公開
自己紹介:
黒子のバスケで笠松と桜井が何故かとても好きです。
でも黄瀬や緑間のキセキも好きです。
もちろん火神や青峰の危なっかしいところも好きで
黒子や他の誠凜メンバーも好きです。
でも一番愛しているのは海常です。。。
ちょっとカオスですがよろしければお願いします。

ブログ内検索

最新コメント

[04/08 バナナ2号]
[04/08 バナナ2号]
[04/08 バナナ2号]
[08/06 るん]
[08/06 まい]

P R

アクセス解析

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ちっちっchi --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]