忍者ブログ

ちっちっchi

「黒子のバスケ」二次小説です。 管理人の妄想の限り小説を書こうと思います。 ※ホモネタ18禁ネタ多くありますのでご注意ください。また、原作とは一切関係ありません。

2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そんな黄瀬の耳に信じられないようなアナウンスが流れてきた。
 

※ここらは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[6回]

「ロサンジェルス行き○○便は○○空港に不時着しておりました」
大勢の人がシーンとしてそのアナウンスに聴き入った後で「わっぁ!!」というどよめきの声が上がった。
黄瀬もその場に膝をつくと
「先輩・・・良かった・・・」
と両手で地面を叩く。
生きていた、笠松先輩が無事に・・・でもその顔を見るまでは安心できない。
先輩に会いたい。でも不時着した空港も遠く離れたアメリカの地。
先輩いつ帰ってくるんだろう?呆然と電光掲示板の表示を見つめていた黄瀬にひとりのパーサーが声をかけてきた。
「お客様、大丈夫ですか?」
床に俯せていた黄瀬を心配したらしく黄瀬の顔を覗き込んできた。
黄瀬は彼女にめいいっぱい格好いい笑顔を向けた。
「すみません、友人が乗っていたものでつい取り乱しました」
すると彼女はハッとした。
どうやらモデルとしての黄瀬涼太を知っているらしい。
目の前にある甘いマスクの美青年に一瞬ポワンとなっていた。
「あ、失礼しました。お客様もアメリカに行かれますか?」という言葉に黄瀬は首を左右に振った。
「いいえ、俺はここで友達が帰ってくるのを待ちます」
「そうですか」
眩しいほどの笑顔を向けられて彼女はそう答えると去っていった。
去り際に「もしアメリカに行くなら相談にのりますよ」という言葉と彼女の名刺を残して。
黄瀬はそれを見ながら微笑んだ。
「先輩、俺待ってますからね」
黄瀬はとりあえず空港を後にした。
帰りのバスに乗り込んだ黄瀬の携帯にメールが入った。
『黄瀬、元気か?実は俺の乗った飛行機が乱気流に飲み込まれて不時着した。テストには間に合いそうだが帰りの日程が少し長引く』
黄瀬はクスッと笑った。
「先輩らしいッス。心配かけまいと精一杯の配慮のつもりっすね」
黄瀬は返信を打ってそのまま目を閉じた。
「早く会いたいッス」

<続く>

 
読了、お疲れさまでした。
web拍手をありがとうございます。
黄瀬はどんな時でも他の人にはイケメンだと良いと思います。
PR

カウンター

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

黒子のバスケRANK
ダウンロードで完売の本が読めます↓BL同人、BLゲーム、乙女ゲームのダウンロードショップ - Girl's Maniax

リンクバナー
chiz3.png


ご協力ください!

バーコード

プロフィール

HN:
るん
性別:
非公開
自己紹介:
黒子のバスケで笠松と桜井が何故かとても好きです。
でも黄瀬や緑間のキセキも好きです。
もちろん火神や青峰の危なっかしいところも好きで
黒子や他の誠凜メンバーも好きです。
でも一番愛しているのは海常です。。。
ちょっとカオスですがよろしければお願いします。

ブログ内検索

最新コメント

[04/08 バナナ2号]
[04/08 バナナ2号]
[04/08 バナナ2号]
[08/06 るん]
[08/06 まい]

P R

アクセス解析

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ちっちっchi --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]