忍者ブログ

ちっちっchi

「黒子のバスケ」二次小説です。 管理人の妄想の限り小説を書こうと思います。 ※ホモネタ18禁ネタ多くありますのでご注意ください。また、原作とは一切関係ありません。

2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あのときのお前の目が俺をたきつけたんだ

※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[18回]

顔を逸らすなよ
もっとこっち向かないとお前の顔が見えねぇじゃねぇか・・・

強引に開かせた黒子の足に
自らの興奮を押しつけながら
その顔に唇を押しあてると
黒子は顔を背けるように横を向く


「火神君・・強引すぎます」
 
横を向いたまま少しだけ頬を赤くして黒子が言った。
だからもう余計なことなんか言わねぇように唇を塞いでしまう。
開かれた黒子の口の中へ舌を入れて口の中を掻き回してやると
黒子は諦めたように目を閉じた。
 
ようやくおとなしくなりやがった。
間近で黒子の顔を見つめながら角度を変えて、より奥深くまで黒子の口の中を貪った。
黒子が苦しいのか、それとも感じてるのかわからない声を少しだけ洩らした。
それだけで俺の体の熱は昂ぶる。
 
「くろこ・・・」
耳元に舌を這わせながら呟く
黒子の体の力が抜けていくのを感じながら
この華奢な体のどこにあれだけの闘志を秘めているのかとまじまじと見つめた。
首筋から肩をなぞって薄く筋肉のついた胸を這う。
「ん・・ぁ・・」
かすかに聞こえた黒子の声は掠れている。
唇でその胸の尖りを挟んで引っ張るように弄ぶとすぐにそこが赤く色づいてきた。
片方を口で、もう片方を指先で摘み上げながら
その表情を観察すれば、眉間に僅かな動きが見えた。
「まだ足りねぇだろ」
と更に下着の上から中心に触れると
僅かに堅くなったそこは俺の手の中でビクンと動いた。
同時に薄く目が開かれた。
「そこ・・・」
をどうして欲しいか言えなんて、なま優しいことなんか言うつもりはなかった。
もっと強引に奪ってやりたい。
荒い息を吐きながら、更に奥にある秘所に指先で触れる。
「んっ・・・いっ・・」
黒子の淡い色の瞳がこっちを向いた。
怯えるように何かを訴えるから、もう一度その唇にキスをして舌を絡め取った。
どうだ、もう何も言えないだろ・・・
そのまま下着を脱がせて足から抜き取ると、ふっくらとした黒子の尻をなぞりながら
その狭間へ指がたどり着いた。
「んっ・・・んぐっ・・」
人差し指をグイッと押し込むと、口づけている口元から声が漏れた。
ちょっと痛かったのか?
まぁ、そんなもんで痛かったら、これから入れようとしている高まりを受けきれない。
押し入れた指先をぐるりとゆっくりと回しながら中を探る。
黒子の丸い腰がビクビクと震えた。
かわいい・・・そんなに喜ぶ腰に余計に欲情を隠せない。
指を深く入れてから、回しながら引き抜いてもう一度奥まで回しながら入れる。
「んんんん・・・ふっ・・・んぐっぅぅぅ」
黒子がひっきりなしに鼻にかかった声を出す。
「もっとよくしてやるよ」
と両手で丸い尻の肉をグイッと開かせると自らの肉棒をそこに突き立てた。
「んんんんっ・・・ぐっうぅぅぅ」
瞳を見開いて涙を溢しながらガクガクとそれを受け止めていく
こんなに華奢なのに中は熱く絡みついてくる黒子が愛しいと思った。
その全てを奪い尽くしたくて、涙を流す黒子の唇をもう一度塞ぐ。
口の中も同時に貪っていく。
両方から熱く体の奥まで黒子を感じて、腰を浮かせると、更に奥まで楔を突き立てた。
「んっ・・はっあっ・・ひゃんっ」
何度も何度も突き上げながら全身で黒子を感じても足りない。
だが黒子は腹の上に蜜を飛ばした。
ぎゅっと抱きしめながら黒子の中に欲望を注ぎ込んだ。
痙攣するような体を懸命にしがみつかせながら汗ばんだ体を抱きしめた。
「好きです・・・」
ようやく聞けた消え入るような声に満足すると、もう一度口づけをした。


<おわり>






読了、お疲れさまでした
web拍手をありがとうございます。

いきなり火神が黒子を組み敷いてます。
強引な火神君を黒子はいつも待ち望んでいると信じてます^^




PR

カウンター

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

黒子のバスケRANK
ダウンロードで完売の本が読めます↓BL同人、BLゲーム、乙女ゲームのダウンロードショップ - Girl's Maniax

リンクバナー
chiz3.png


ご協力ください!

バーコード

プロフィール

HN:
るん
性別:
非公開
自己紹介:
黒子のバスケで笠松と桜井が何故かとても好きです。
でも黄瀬や緑間のキセキも好きです。
もちろん火神や青峰の危なっかしいところも好きで
黒子や他の誠凜メンバーも好きです。
でも一番愛しているのは海常です。。。
ちょっとカオスですがよろしければお願いします。

ブログ内検索

最新コメント

[04/08 バナナ2号]
[04/08 バナナ2号]
[04/08 バナナ2号]
[08/06 るん]
[08/06 まい]

P R

アクセス解析

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ちっちっchi --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]