忍者ブログ

ちっちっchi

「黒子のバスケ」二次小説です。 管理人の妄想の限り小説を書こうと思います。 ※ホモネタ18禁ネタ多くありますのでご注意ください。また、原作とは一切関係ありません。

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「あっ、はっ、・・きせ・・」
 
※ここからは18歳以上の方のみどうぞ

拍手[1回]


黄瀬が小刻みに腰を打ち付けてくる。
ジンと接続部にしびれが広がって体中が黄瀬で満たされ始めていた。
もう会話の内容とか全く忘れてしまうほど、黄瀬は激しく笠松の中へ熱い楔を打ち付けた。
「ああん・・やぁ・・」
笠松は黄瀬の着ているシャツを握りしめながらその快楽に溺れている。
黄瀬は笠松の胸の尖りを唇で弄んでは笠松の反応を楽しんでいた。
「やあ・・んん」
「良いくせに。いい、もっととか言ってくださいよ」
わざと意地の悪い台詞を言いながら腰を突き上げることは忘れない。
奥まで抉られるように腰を回したかと思うと、パンパンと肉がぶつかりあう音がリアルすぎた。
笠松はもう限界だ。自らの雄に手を伸ばすとその手を黄瀬に捕まれた。
「自分でイくなんて許さないっすよ。ほら俺がしてあげます」
笠松の雄を黄瀬が掴んだ。
「ああ・・や・・」
人の手に触れられると更に気持ちが良いのはどうしてだろう?
それが黄瀬だからなのか・・・すぐにでもイきそうで腰を動かすと黄瀬もそれに気づいて手を動かしてくれた。
「あっ・・い・・くっ」
その言葉に黄瀬が強く腰を打ち付け始めた。体がガクガクと震えながら黄瀬の掴んだ雄の先らか白い蜜が飛ぶ。
黄瀬がそこに唇を寄せていくのを見てその頭に手を伸ばした。
「や・・めろ」
苦しそうに笠松が声を出すが黄瀬の舌は笠松を包み込んだ。湿った熱い舌に舐めとられるとその先端がビクビクと喜ぶように震え出す。
「ああ・いらくを・いい・・・」
思わず口から「良い」という言葉を発してしまっても気づかないほどの快楽を味わいながら体中を黄瀬でいっぱいにしていた。
「大好きっすよ」
何よりも雄を咥えながらそんなことを言われて笠松は涙を流していた。
これは喜びの涙なのだろうか。
「じゃあ、俺のも先輩・・・」
黄瀬は腰を強く打ち付けて笠松の中で膨らんでいく。
次第にその動きを早めると笠松の唇に噛みつくような口づけをしてきた。
息が止まりそうな程激しく貪られて目眩さえ感じていると耳元で黄瀬が囁いた。
「イくっ・・」
短くつまった言葉に黄瀬の気持ちよさが集約されている。
笠松の中にじんわりと温かい黄瀬が流れ込んできた。
(またしてもこいつと繋がってしまった)
はあはあという荒い息をつきながら胸の上に倒れ込んできた黄瀬を見て笠松は目を閉じた。


<続く>

読了、お疲れさまでした。
web拍手をありがとうございます。

コメントいただいた方、ありがとうございます。
早速修正させていただきました。ご忠告いただかなかったら気がつかなかったので
助かりました。
こんなエロ小説ばかりですが読んでいただけて嬉しいです。
PR

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

黒子のバスケRANK
ダウンロードで完売の本が読めます↓BL同人、BLゲーム、乙女ゲームのダウンロードショップ - Girl's Maniax

リンクバナー
chiz3.png


ご協力ください!

バーコード

プロフィール

HN:
るん
性別:
非公開
自己紹介:
黒子のバスケで笠松と桜井が何故かとても好きです。
でも黄瀬や緑間のキセキも好きです。
もちろん火神や青峰の危なっかしいところも好きで
黒子や他の誠凜メンバーも好きです。
でも一番愛しているのは海常です。。。
ちょっとカオスですがよろしければお願いします。

ブログ内検索

最新コメント

[04/08 バナナ2号]
[04/08 バナナ2号]
[04/08 バナナ2号]
[08/06 るん]
[08/06 まい]

P R

アクセス解析

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ちっちっchi --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]