忍者ブログ

ちっちっchi

「黒子のバスケ」二次小説です。 管理人の妄想の限り小説を書こうと思います。 ※ホモネタ18禁ネタ多くありますのでご注意ください。また、原作とは一切関係ありません。

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

131463242140947.png

手ぶろで描いてきましたが
SSをつけてみました。
下をクリックして読んでみてください^^

拍手[6回]

花火の中で線香花火が一番好きだと言った笠松のために
黄瀬がとびっきりきれいな線香花火を手に入れようと
探して見つけた線香花火
きれいというよりも職人のてづくりの一点もの

「先輩花火しませんか?」

と普通に呼び出して、取り出した桐箱に笠松もびっくり
「黄瀬、それ高いんじゃねぇか?」
「そんなこと無いッスよ、たった1万円ッスから」
と人気モデルの黄瀬には金銭感覚がおかしいところがあって
線香花火の価格を知らないらしい
笠松は呆れながら
「お前バカじゃねぇの」
と言うけど黄瀬は
「いいからやりましょ」
満面の笑みを浮かべるから
思わず手にとって火をつけた。

「きれいだな・・・」

永遠に続く訳じゃないけど
打ち上げ式の花火なんかとは違って
パッと一瞬で消えたりはしない
地味に長く咲かせる花火
持ち手次第でそれは長くも短くもなる花火

「俺は黄瀬の力になれるPGになれるかな」

「何言ってるんっすか、先輩がいなかったら俺はここ(海常バスケ部)にはいなかったッスよ」

黄瀬の笑顔で俺は一体何回救われたことだろう

「ありがとうな」

笑顔を向けると黄瀬も微笑んだ

「これ、買って良かったッス」

<おわり>
読了お疲れ様でした
黄瀬はきっと笠松さんの前では
二人きりだと男前だと思います


PR

カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

黒子のバスケRANK
ダウンロードで完売の本が読めます↓BL同人、BLゲーム、乙女ゲームのダウンロードショップ - Girl's Maniax

リンクバナー
chiz3.png


ご協力ください!

バーコード

プロフィール

HN:
るん
性別:
非公開
自己紹介:
黒子のバスケで笠松と桜井が何故かとても好きです。
でも黄瀬や緑間のキセキも好きです。
もちろん火神や青峰の危なっかしいところも好きで
黒子や他の誠凜メンバーも好きです。
でも一番愛しているのは海常です。。。
ちょっとカオスですがよろしければお願いします。

ブログ内検索

最新コメント

[04/08 バナナ2号]
[04/08 バナナ2号]
[04/08 バナナ2号]
[08/06 るん]
[08/06 まい]

P R

アクセス解析

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ちっちっchi --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]